Concept

顧客とコンテンツ(製品/サービス)との文脈(コンテキスト)を理解することは、

より的確な情報を提供できるだけでなく、顧客と企業の関係を劇的に変えます。

Contents

マーケティングにおける情報(コンテンツ)の有効性が理解され、メディアやメディア出身者が「企業のための情報」を手掛けるという機会が多くなってきています。それ自体は悪いことではありません。

しかし、そうしたライター(もしくは編集者)によく見られる原稿用紙何枚というビジネスの発想は、企業が直面している課題に対しての有効な解決策にはなりません。

マーケティングに情報を活用するということは、顧客が必要とする情報を理解し、それを適切に提供することで、購買につながる行動に結びついていかなければなりません。それがコンテンツを軸にしたマーケティングの目的です。

コンテンツマーケティングに取り組むためには、どうしたらよいのか――?

Packaging

世の中には様々なメディアがあります。デジタルメディア、電波メディア、印刷メディア、展示会…。もちろん、媒体はそれぞれの特性を持ち、利用者の情報接触ニーズも媒体によって明らかに異なります。

しかし、コンテンツマーケティングで一番重要な情報接触ニーズの把握が不十分なために、企業としての統一したメッセージ性(企業価値)が失われていることが少なくありません。

利用者・顧客に情報(コンテンツ)を的確に届けるためには、媒体をどう組み合わせ、それぞれの媒体毎に伝えたいメッセージをどのように合わせるのか(パッケージング)を考えることが重要になってきています。

それぞれの媒体に最適化した情報をパッケージングするには、どうしたらよいのか――?

Context

コンテンツマーケティングを企画するときに、真っ先に陥る重大な過ちがあります。その過ちを犯しがちなのが、「原稿用紙」の枚数をベースに考える編集者やライターです。

コンテンツというと「文章」をイメージする方がほとんどです。しかし、そこからスタートすると必ず「原稿用紙」の迷路に入ります。

マーケティングにおいて、コンテンツは「製品やサービスそのもの」と捉える必要があります。顧客とコンテンツの間にあるさまざまな関係性(コンテキスト)を理解し、顧客の求めていることまたは顧客が気づいていない価値を気づかせること。そのコンテキストを表現するのが編集者の役割です。

コンテキストを生かしたマーケティングを企画するには、どうしたらよいのか――?